スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガセラピー その1

3月の初めからヨガセラピーという集中コースを受けている。この集中コースに参加するのは今回で2回目。以前受けたのは、確か5年ほど前。その時はクリパルヨガがどんなヨガなのかもよく知らず、ただ彰先生の影響で興味を持ち、セラピーというタイトルに惹かれて参加した。

しかし、実際に参加してみると自分が想像していたものとは大きく違っていた。

セラピーといっても、クライアントを治すためのものではない。クライアントが主体である事に違いはないが、プラクティショナーが寄り添い、クライアントはその時々に起こる事をただただそのままに現実として受け止めていく。そしてそのプロセスを重視する。

最初はブジャンガアーサナ。体の感覚を見ながら、ギリギリの瀬戸際のところまで運び、プラクティショナーに委ね、信頼し、エッジを体験する。

私はブジャンガアーサナは苦手な事もあり、アーサナに入る前、嫌だなという想いがよぎった。しかし、実際にアーサナに入ると思っていたよりもキツくなく、呼吸は深く流れエネルギーが動き始めた。そして胸を大きく開きたいという想いが強く起こった。暫くエッジに留まり、味わっていると、もう少し先に進みたい、胸を開きたいという想いが起こり、プラクティショナーに伝え、更に先まで身体を運ぶ。そして、また暫くするとエッジは変わり、更にその先に運んだ。そんな事を何度か繰り返し、10分ほどだろうか、エッジでの体験を充分に味わった。

アーサナから解き放たれた時、あぁ、私はもっともっと思いのままに自己表現がしたいんだと感じた。人目を気にしたり、人からの評価を気にするあまり、自分の想いをなかなかそのままに伝えられていない現実を思った。エアロビクスをしている時のように、思い切り自分を表現したり、解放したがっていた。

そんな体験を通して、中学生の頃友達に言われた「いつも頷いてばかりじゃん」という言葉を思い出した。良い子と思われたかったから、人から嫌われたくなかったから、自己表現する事が、思いのままに伝える事が怖くて出来なかった。一人になるのが怖かった。自分の想い、考えを秘め、人に合わせ、人の考えを尊重した。でもどこかでいつも違うんだよなって思っていた。

隠そうとしていた想い。普段は全然意識していなくても、その根底には根強く残っていたのだ。大きな気づきのひとつ。

クリパルに出逢ってから、「自分らしく、あるがままに」という言葉をよく口にするようになった。そう。人それぞれに主観は違う。人それぞれの想いがあるのは当然だし、それぞれの想いが気付きとなり、学びや成長へと繋がっていく。一つ一つが真実であり、現実として受け止めるのはとても大切な事である。

私は、私の想いをこれからも大切にしたい。そんな想いを受け取ったら心が楽になった。

セラピーでのエッジ体験は、プラクティショナーのサポートがあるからこそのもの。とても尊い体験だ。自分と向き合う事は時にとても苦しくもあるが、その体験が、更なる成長への道に繋がっていく。プラクティショナーのサポートに感謝して、また次のエッジ体験を味わいたい。

次回も楽しみだ☆





スポンサーサイト

目標に向かって突き進む

3/10、名古屋ウィイメンズマラソンが開催された。

ヨガ友であり、親友であるゆきちゃんが東京から名古屋へ来てくれたので、前日、東京から帰る途中、名古屋でお茶をした。

久しぶりに会うゆきちゃん。彼女は天真爛漫で、いつも口角が上がり、笑顔のイメージ。この明るさ、本当に素敵だなって会うたびに思う。
しかしながら今回、肉離れしているとの事で、テーピングをしながら参加すると話してくれた。前日にも関わらず、緊張してないと言う。ゆきちゃんらしい。

当日、夫と共に初めてマラソンの応援に向かった。
ゆきちゃんの姿を懸命に探した。せっかく応援に来たのだから、見落とす訳にはいかない!
足、大丈夫かなととても心配したが、17キロ地点くらいでゆきちゃんが走ってきたのを確認。彼女の姿を見て熱いものがこみあげてきた。大声で「ゆきちゃ~ん」と叫ぶと、笑顔で近寄ってきてくれてハイタッチ。めちゃくちゃ嬉しかった。

一生懸命に走る姿を見て、とても感動し、もう少し応援したいと夫と意気投合。少し先回りして、彼女を待つ。二度目は遠くからでも、すぐに確認できた。しかしながら足を引きずっているように見える。大声で「頑張って!」と声を掛けると、また気づいて、笑顔を返してくれた。

足を痛めながらも、目標に向かって進む彼女の姿は、本当にかっこよく、そして何よりも、美しかった。内側から光を放っているようであり、キラキラして、本当に本当に綺麗だった。

私も以前10キロマラソンに出た事があるが、マラソンをしている時の自分との関わり方は、ヨガをしている時と似ていると感じる。自分の中で起きている事に目を向けて、自分自身と向き合い、寄り添いながら走る。中には歩いている人や棄権している人もいたが、その勇気ある選択も、とても大切なもの。

彼女の姿を最後にもう一度見たいと思い、35キロ地点で再び待った。しばらくすると遠方に彼女を確認。本当に感動した。足を痛めながらも、目標に向かって進む姿は、本当に美しく、魂からの輝きを感じる。ゆきちゃんらしい素晴らしいランだった。

エッジの先の、未知なる可能性。そんな言葉が頭によぎる。
無理だと決め付けているのは、ただの思い込みかもしれない。彼女を応援する中で、自分の中にある更なる可能性に意識が向かった。

私もまだまだこれから。自分らしく生きれるように、魂から輝けるように、強さを持ってこれからも歩んでいきたい。自分を信じて・・・。

ゆきちゃん、心からの感動を本当にありがとう!

ゆきちゃん マラソン2

プロフィール

初めまして。
林珠美と申します。

現在、名古屋市千種区在住、夫と2人暮らしです。
名古屋市内、瀬戸市でクリパルヨガをお伝えしています。

私は、長い間、過食嘔吐という病を患っていました。
しかしながら、クリパルヨガと出会い、夫と出会った事で、自分との関わり方、他者との関わり方が大きく変わり、今はとても楽に生きる事が出来るようになりました。

このブログでは、ヨガの事、日々の事を思いのままに綴っていこうと思います。

どうぞ宜しくお願いします


私の以前のblogはこちら

初めての方へ

名古屋市内、瀬戸市でクリパルヨガをお伝えしています、珠美と申します。

クリパルヨガを通して感じた事、受け取った事を、皆さんの体験を通してお伝えしていきたいと思います。

どなたでも、安心してご参加いただけます。

更なるご縁が広がりますように・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。