スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Soul Motion」ワークショップでの気づき

先日、Jovinna Chan によるワークショップ「Soul Motion」に参加した。

初めて動画を観た時、単純に面白そうだなと感じた。私は、元々エアロビクスのインストラクターをしていたこともあり、音楽に乗せて身体を動かす事が大好き。クリパルのヨガダンスを体験した時も楽しくて仕方なかった。Soul Motionもヨガダンスのような感じかなと想像を膨らませていた。

でも、実際にSoul Motionを体験してみると、ただ単純に楽しいだけではない。パートナーやグループワークの中で、日常における自分の在り方がみえて、沢山の気づきに触れる時間となった。

ワークが始まるとすぐに周りに意識が向かう自分に気づく。集中はしているけど、自分よりも周りが気になる。そんな事に気づきつつワークが進んでいく中で、徐々に集中力は増し、自分と繋がり始めていくのを感じた。

全体のワークを通してのハイライト。

それは、周りに気兼ねすることなく自分自身と繋がり、自分の想いをそのままに表現することがどれ程に自由で、尊く、豊かなものかという事。人はそれぞれに神聖な場所と繋がる事によって、より魂からの輝きを増すんだという事。そしてまた自分自身と他者を信頼し委ねた時、心からの安らぎを受け取り、可能性は大きく広がるという事。

私は委ねる事、自分の本心を人に伝える事がとても苦手。それはあらゆる局面で自分の在り方としてよく起こる。人の目を、人の想いを気にして本心を隠す。そんな在り方はペアワークの時、もろに現れた。

パートナーに手を触れて貰った時、とても居心地が悪かった。ジワッと汗をかいた背中に手を当てて貰う事に申し訳なさを感じた。パートナーに気を遣いながら動き始める。何かぎこちないし、動きにくい。閉塞感を感じる。しかしながら徐々に自分と繋がる事でパートナーを信頼する気持ちが芽生え始めた。そしてそこから生まれる安心感を感じた時、グッと体験が深まり集中力は増した。時にパートナーの手の平に体を委ねてみる。すると何とも言えない心地よさを感じた。常に共に動いてくれるパートナーを信じ、安心感の中で自分と繋がり、自分が行きたい方向へと向かう。そんなワークを通して自由、解放感を感じた。

一番最後のワークでは、人の目を気にせず、想うままにプラーナと繋がり思いっきり表現した。そこには恥ずかしさとか、緊張感とか、そんなモノは一切なくて本当に自由で、解放的で、心地よく、何よりも心からの喜びを受け取った。そんなフィーリングと繋がりながらふと周りに目を向けた時、それぞれの参加者がとても活き活きとしていて美しく感じた。

自分を縛りつけているものは自分自身の心の在り方。それらを解き放ち、あるがままの自分と繋がった時、人はこんなにも自由で輝きを増すんだなって心から想う。

他者との関係性がうまく行っていないと感じた時、私はギュッと萎縮してしまう。ただひたすらに謝り、相手に機嫌を直して貰おうとする。私の在り方のクセ。そんな時、私はまったく自分と繋がれていなくて、意識は全て他者へと向かい自分が空っぽで置き去りな感じとなる。

自分がどうしたいのか、本当はどう感じているのか、それを人に伝える事は私にとってエッジ。年末にまきこさんのクラスを受けた時もそう感じたが、なかなかその在り方は手放せない。でも、自分を信じそして周りを信じてアプローチした時、未知なる可能性に触れるのかもしれない。良い人でいる必要はない。

これまでの自分の生き方、在り方を変える事は容易ではないけど、意識を向ける事により方向性は変わっていくと思う。そのためのプロセスとして私にとって起きている一つ一つの体験が必要であり、ギフトなんだと思う。

自分としっかりと繋がること。そして自分を信じ、愛すること。

今回のワークショップに参加してこんな大切な気づきに再び触れる事となった。そして思いきり開いた事で、翌日からこれまでに経験した事がないほどの酷い喘息が出て4日間苦しんだ。言いたいことをどれほど押えてたんだろうと思う。この気付きを大切に、私は私の人生を楽しみたい。そして胸を張って堂々と生きていきたい。

Jovinna、そして通訳をしてくれたえりちゃん、主宰してくれたゆいちゃん、同じ時間を共有してくださった沢山の方々、本当にありがとうございました。

ジョヴィンナ

ジョヴィンナ、みち

えりちゃん
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。